糖尿病網膜症 レーザー 治療 費用 後遺症

糖尿病網膜症のレーザー治療 費用は 後遺症は?

スポンサーリンク

糖尿病の後遺症によって、あなたは、糖尿病網膜症にかかってしまうかもしれません。後遺症としての糖尿病網膜症、それは、どのような方法によって改善出来るのでしょうか。

 

レーザー治療などは有名ですが、果たして費用はどの程度なのでしょうか。

 

【糖尿病網膜症とは】
糖尿病網膜症とは、糖尿病が起こることによって、網膜に異常が生じてしまう症状のことを言います。その病気によって、血管の状態が悪くなって、網膜といういわば、カメラで言えばフイルムにあたる部分にいろいろな障害が出て来てしまうことになります。

 

更に、診断では、「単純」、「前増殖」、「増殖」の三つのパターンに分けることが出来ます。点状やしみじょうの網膜内出血、黄色い斑点のみが見られる状態が、「単純」です。網膜血管の形状の変化、網膜に白いむくみが出て、「前増殖」となり進行すれば、血管の閉塞がいたるところでおこり、血流を確保するために、新生血管が作られようとします。

 

新生血管が良い訳ではなく、実際には、網膜前出血、硝子体出血の症状をおこしたりします。

スポンサーリンク

【糖尿病網膜症のレーザー治療とは 費用はどの程度 後遺症は】
そして、糖尿病網膜症の治療方法として、レーザー治療を一般的に考えることが出来ます。糖尿病網膜症のレーザー治療は、どの程度費用がかかるものであり、後遺症などは心配する必要がないものなのでしょうか。レーザー治療は、一般的に高い費用と思われているケースも多くあります。やはり、多くの人たちが、レーザー治療の費用に対して不安感を持っています。

 

そして、後遺症は……? 一般的には、レーザー治療は、網膜光凝固術では、全額自己負担なら、片目あたり10〜20万程度かかり、3割負担なら3〜6万、1割負担なら1〜2万あたりとなります。費用がかかることはかかりますが、思っているより高いという感じではないのではないでしょうか。そしてとくに後遺症なども心配はありません。

 

片目だけなら極端に費用が高いということではありません。手術自体は10分程度で済む方法で、視界のところどころにモヤッとぼやけた点が無数出来ることもありますが、じきに消えて後遺症などもほとんど考える必要がありません。

 

 

スポンサーリンク