糖尿病 入院 血糖値 基準

糖尿病で入院しなければならない/血糖値の基準

スポンサーリンク

糖尿病で入院というケースも出てきてしまうのではないでしょうか。糖尿病と言えば原因や血糖値のことも気になりますし、実際に自分がどの程度の糖尿病なのか基準が知りたいと思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

【糖尿病の血糖値の基準】
糖尿病は、血糖値がとても重要な意味を持っていることは多くの人たちが知っていることです。果たして、基準とはどのくらいなのでしょうか。

 

血糖値やHbA1cという数値って、そもそも私達の日常生活に無関係だから、全然判らなくて当たり前と言えば当たり前なのです。 血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことであり、単位はmg/dL(ミリグラムパーデシリットル)と表されます。HbA1cは、ヘモグロビンエーワンシーといい、どの程度の割合のヘモグロビンが糖と結合しているかを表したものです。

 

血糖値とHbA1cの値は糖尿病において、もちろん入院しなければならないか決める数値です。

スポンサーリンク

【糖尿病で入院という基準】
入院というケースの基準は一体どこにあるのでしょうか。まず、合併症の進行具合を調べる為、入院することもあります。更に管理入院があり、食事や運動、治療がうまく行かないケースや自信がないという場合において、病院で管理し行うために入院します。本人希望という場合もあります。 血糖コントロールだけで済めば、敢えて入院まで考える必要はないのかもしれませんが、薬の服用だけでは厳しい、治療が必要な時、そのような方法も考える必要があります。

 

【糖尿病患者の人たちが目標に掲げる血糖数値や入院の基準】
それぞれの人たちが目標とする血糖値があります。 一般的には、健康な人の血糖値は空腹時において、70〜109mg/dL、血糖値が一時的に上昇する食後あたりでも140mg/dL未満程度です。この数値にまで改善していくことが治療の目的です。

 

更に「優」の基準とは、空腹時血糖が80〜110mg/dL未満、食後2時間血糖が80〜140mg/dL未満HbA1c:6.2%未満のことなのです。

 

 

スポンサーリンク