糖尿病 足のむくみ 原因 解消

糖尿病の足のむくみ/原因と解消方法

スポンサーリンク

糖尿病になったとき、足のむくみが起こる場合があります。足のむくみの原因はなんなのでしょうか。原因から更に解消方法を見付けましょう。

 

【糖尿病では足のむくみが起こる 原因は……】
朝はブーツをちゃんと履くことが出来たのに、パンパンに足のむくみがあり、脱ぐことが出来ないという症状があります。どうしても人間の身体は重力のせいで、身体の下の方に溜まりやすい傾向はあり、むくみは起こりやすい傾向にあります。しかし一過性のものではなくそれが糖尿病なのかもしれません。

 

足のむくみの原因は、特に糖尿病腎症である可能性があり、それは、高血糖状態が続くことにより腎臓が酷使されて、かなり腎臓の機能が低下してしまうことを言います。血液中の老廃物をろ過して、尿として排せつすることが腎臓の機能と言われていますが、更に、水分や電解質・ナトリウムなどの調節も行っている場所が、腎臓です。しかし、腎臓にそのような機能が出来なくなってしまうと、体内の水分量がうまく調節することが出来ないことが原因となり、足のむくみが出てしまうことになります。

スポンサーリンク

【糖尿病の原因を知り解消へ】
そして、次に考えるべき問題は、糖尿病の原因を知り解消へ向かうことです。何かよい解消の方法を見付けることが出来るのでしょうか。糖尿病解消のための対策は、なんと言っても、血糖コントロールするということになります。日々の食事療法や運動療法や、インスリン療法などによって、解消方向へ向かうことが出来ます。医師に指示に従うということも、解消の方法として大事ではないでしょうか。

 

もしも、一時的な足のむくみというのなら、体を温め、血流を良くすることで解消することが出来るかもしれません。むくみの部分をしっかりマッサージをして、同じ姿勢を長時間維持しないように心掛けるようにしてください。

 

お風呂に入って、しっかり温まって、リラックスすれば、全身の血行が良くなって、一時的なむくみなら解消されていくことでしょう。

 

 

スポンサーリンク