糖尿病 初期症状 10代 20代

10代、20代の人たちがなる糖尿病の初期症状

スポンサーリンク

糖尿病は、もはや中高年の病気だと安心も出来ない状況です。現代社会において、10代、20代の人たちも、糖尿病にかかると言います。果たして、10代、20代の人たちは、糖尿病が何かということを正しく理解出来ているでしょうか。

 

【糖尿病の初期症状とは……】
まず、10代、20代の人たちに正しく理解して欲しいのは、糖尿病の初期症状です。10代、20代、そして30代という人たちも、糖尿病の名前程度は知っているものの、それって、オシッコが甘くなる病気?程度の認識しか持っていないのかもしれません。

 

なぜこのように10代、20代の人たちもかかる病気になって来たのかといえは、生活習慣が大きく関係しているからです。中高年と同じような怠惰な生活習慣では、簡単に10代、20代の人たちも糖尿病になるケースは考えることが出来ます。

スポンサーリンク

【糖尿病の初期症状 のどの渇き】
まず、知って欲しいのは、初期症状です。最初から、痛み等自覚症状が起こるということではありません。糖尿病の初期症状は、まずのどの渇きです。

 

【なぜ喉が渇くの?】
なんで、初期症状として、喉の渇きなどがあるのでしょうか。それは、血糖値が高くなる病気であり、上手くブドウ糖を取り入れることが出来ない病気だからです。 そのような病気になれば、エネルギーを必要としているというのに、細胞の中にブドウ糖が運ばれなくなってしまい、摂取をしても血液の中に溢れ出してしまうような感じなのです。 血の中には、あふれた大量のブドウ糖があり、排出しなければならないから、オシッコの量がより以上増えてしまって、逆に身体の水分が不足してしまうことになります。

 

夏場、喉が渇くのは当たり前という言い方も正しいのかもしれませんが、それにしてもちょっと異常では……と思えば、このような病気の初期症状ではないかと疑いを持つことが出来るのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか。更に10代、20代の初期症状には、体重が急激に減るとか、全身がだるく、疲れやすい、目がかすむ(視力障害)
尿に糖が出る(尿糖)などの症状があります。

 

 

スポンサーリンク