糖尿病 遺伝 確率

糖尿病の原因/生活習慣と遺伝の確率

スポンサーリンク

糖尿病は、なぜ起こるのでしょうか。原因を追求してみましょう。
糖尿病は、生活習慣と言います。生活習慣という毎日のなんでもないような、習慣の累積でなることなので、今日からちょっとずつ努力しなければならないことです。

 

【生活習慣を改善 遺伝かも】
生活習慣を改善と言っても、一体何をどう改善すれば良いのでしょうか。実際に糖尿病は、二つのタイプがあります。 糖質の摂りすぎや運動不足、肥満などの原因で体のインスリンに対する反応が低下してしまうものをU型糖尿病といい、このようなタイプには生活習慣の改善もとても効果的です。

 

更に、こちらのタイプで重視されるポイントは、遺伝です。生活習慣を改善しだけでは先へ進んでいくことが出来ない要素を抱えているようです。

スポンサーリンク

【糖尿病U型で注意しなければならないこと】
遺伝の確率と言われてしまえばそれ以上何もいうことが出来ませんが、それでも、生活習慣の確率もあるということを信じて、ひたすら頑張る以外方法はありません。

 

糖尿病と言えば、甘いものを食べ過ぎというイメージが相当ありますが、確かに甘いものというケースもありますが、食べ過ぎそのものが良くありません。暴飲暴食によって、血糖値が高くなると、すい臓は一杯インスリンを分泌して、高くなってしまった血糖値を正常に戻そうとします。しかし、暴飲暴食では、やがて膵臓が疲れてしまって、インスリンの分泌が段々と弱まってしまうことになり、結果高血糖の状態から逃れることが出来ません。

 

原因は、甘いものも、そして、 揚げ物などの高カロリーの食事、アルコールの確率にも注意をしなければなりません。

 

【遺伝の確率もある……】
更に運動不足、ストレス、肥満が原因で、病気がひどくなります。加齢はアンチエイジングでなんとか頑張ることが出来るとして、遺伝の確率となれば、やはり仕方のないものです。 家族や親せきなどの血縁者がそのような病気なら、遺伝でその確率は仕方なく高くなってしまうようです。

 

更に、インスリンを分泌するのが膵臓にあるランゲルハンス島β細胞が、 自己免疫によって破壊されてしまい、インスリンが枯渇してしまうタイプがあり、それがT型糖尿病です。起こる確率は遺伝性でもなく、生活習慣でもなく、体質と言いますが、未だその原因ははっきりとしてないようです。

 

 

スポンサーリンク