糖尿病 症状 かゆみ

糖尿病の症状「かゆみ」皮膚のトラブルが起こる!

スポンサーリンク

糖尿病にどのような症状が起こるのでしょうか。糖尿病改善に大事なのは、糖尿病の初期症状を見逃さないということです。あなたのその些細な症状こそが、糖尿病のサインなのかもしれません。

 

【糖尿病のサイン かゆみ】
多くの方々が、かゆみと言えば、糖尿病とは無関係と思っているのではないでしょうか。しかし、実際にはそうではなく、この痒みという問題とも真剣に向きあう必要があります。糖尿病といえば、体がだるかったり、視力の低下・のどが渇いたり、手足のしびれなどいろいろな症状を訴える人たちがいます。

 

そして、かゆみの症状も、肌がカサカサしているという症状も、糖尿病の症状なのです。

 

【皮膚トラブルは感染症の一種】
かゆみの症状も、感染症の一種として考えることが出来ます。だから、しっかりそれに対して、対策が必要ということになります。普段私達は、かゆみの症状に対して、それほど深刻な向きあうことはありません。しかし、糖尿病の場合、もっと深刻に考えなければならない理由があります。

 

そのような病気のとき、免疫はかなり低下している状態なので、かゆくて、かけば、細菌が侵入して、感染してしまうリスクがあります。

スポンサーリンク

【肥満傾向にある】
更にこのような病気になり、肥満傾向で、 脇の下や股擦れなど起こす場合があり、日常生活の何気ない行動によって、皮膚を傷付けてしまうこともあります。

 

特に、足に対して注意が必要であり、そこは靴による蒸れ、摩擦などが起こりやすい場所なのです。 白癬菌症・水虫が悪化し潰瘍となる場合もあり、壊疽(えそ)になってしまう可能性もあります。

 

【かゆみ対策はどのように行えばいいか】
そのようなかゆみをどのように改善していけばいいのでしょうか。やはり改善のために意識しなければならない問題は、「血糖のコントロール」ということになります。血糖値の上昇によって悪化し、感染症のリスクが高まってしまうことになります。

 

感染症にかかることで血糖値も上昇する傾向にあります。 そして、いつも、皮膚を清潔に保つ姿勢が大事です。 更に皮膚に刺激を与えないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク