糖尿病 痩せる 末期 余命

糖尿病の末期/余命を考える/急激に痩せる症状は?

スポンサーリンク

糖尿病って、そのまま放置しておけば、どんどん痩せることになり、末期……、余命は?ということも気にしなければならないほどのレベルに至るほど恐いものなのです。最近では、糖尿病という認知度も高くなって、当たり前の病気になり過ぎてしまって、かえって、糖尿病に対しての恐怖感がなくなって来たのかもしれません。

 

【糖尿病の末期症状って】
やはり、末期になれば、命の心配まであり、余命についても考える必要がある病気なのです。しかし、ガンとは違い、末期になったとしても明確な症状、余命宣告がある訳ではありません。

 

末期を迎えると、 尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害など起こす率が高くなって、まず、余命ということではありませんが、失明という危機を迎えることになります。更に、糖尿病性腎症では、人工透析が必要となり、命を落としてしまう可能性があります。

 

神経障害の場合では、壊死が起こりやすくなって、余命ということではありませんが、足を切断しなければならないかもしれません。末期とは、具体的余命ということではなく、深刻なダメージを受けると考えるべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

【ガンとは違う】
ガンとは実際に違うといわれるものの、 実際には人工透析が必要になった場合の平均余命は5年とも言われています。それでもやはり、この病気は軽視出来ないのです。ガンになれば、みなさん大慌てをするでしょうけど、それと比較すれば、案外この病気に対して、呑気なモチベーションもちょっと持っていたりするのではないでしょうか。

 

病院でしっかり治療さえすれば、末期のことなど考えずに済むことでしょう。

 

【痩せる症状】
血糖値が高くなり、高血糖状態になる病気がこれです。症状がかなり進行してしまうことで、インスリンの数が極度に少なくなるか、インスリン拮抗ホルモンの分泌量が増加し、血液中のブドウ糖を代謝できなくなってしまったりします。

 

痩せる症状は、エネルギーをブドウ糖から作ることができなくなって、脂肪や筋肉を分解してエネルギーを作るから起こる症状です。痩せる症状も、このような病気の場合、一気に痩せるケースが多いと言います。

 

もちろん、不健康に痩せる症状です。 痩せるのは、ケトアシドーシスという合併症の一つと言われています。

 

 

スポンサーリンク